なぜあなたは作家になるべきなのか

なぜあなたは作家になるべきなのか


私は自分のブログで使いたいということわざがあります: 私たちは皆作家です。

通常、私は誰でも言及しています 作成します –アーティスト、ミュージシャン、プログラマー、そしてもちろん作家。



ただし、この場合、私は 実際に あなたが書くことを考えるべきだとあなたに言っています。鉛筆と紙またはコンピューターとワードプロセッサーのように 書き込み広告



今、私にはわずかな偏見があることを理解してください:私は執筆ウェブサイトを運営しています(私の略歴を参照してください)、 数冊の本を書いた 、および 他の人に書く方法を教える

しかし、真実は、私は1年前に自分を作家とは考えていなかったでしょう。確かに、私は最初の小説に取り組んでいましたが、それは楽しみのためでした。それができるかどうかを確認するためだけでした。それは目を見張るようなプロセスでした、そしてそれから私が得た最大の持ち帰りはほとんどこの投稿のタイトルでした: なぜ書くべきなのか。



ここで私と一緒にいてください:あなたがほとんど気にしないトピックについてのエッセイの後にエッセイをかき回すという考え、または週末に3,000以上の単語をつぶすという考えに反抗するかもしれないことを理解しています。

私もしました。 広告



ただし、ここで考慮すべきことがいくつかあります。

  • 書くことは 一次基準 それによってあなたの仕事(専門家およびその他) 審査されます 。公平かどうかは別として、これは真実です。
  • 書くことは、理解のレベルを直感の線を超えて、より普遍的な概念化に向けて動かすのに役立ちます。言い換えれば、それはあなたを助けます 考える
  • 書くことはあなたにより多くのお金を稼ぐことができます。

誰もが私とこれらの点について議論することはないと思いますが、私はまだ誰もが紙のパッドを求めたり、MicrosoftWordを開いたりしているわけではありません。書くことのメリットを享受している場合でも、おそらく懸念していることがいくつかあります。

  • 書くのに時間がかかります。時々、 たくさん 時間の。
  • 書くことは練習が必要です。練習、定義上、 また 時間がかかる。
  • 書くには忍耐が必要ですが、それでも、何を書くべきかわからない場合があります。

良い議論、すべて。しかし、あなたはたまたまインターネットの最高のサイト生産性とモチベーションのために–そう それは始めるのに良い場所です 最初の2つのポイントと戦うため。 3番目(いわゆるライターズブロック)は、実際にはできないものです 防ぐ 無視することを学ぶだけです。

しかし、先に進む前に、どの業界にいても、執筆に集中する必要があるいくつかの具体的な理由を見てみましょう。広告

  1. それはあなたを専門家として昇進させるのに役立ちます。 執筆は長い間専門家に追いやられてきました-少なくとも一般大衆が見る種類の執筆。出版された本や記事、雑誌、さらには脚本や脚本でさえ、通常、作家は参入障壁を乗り越えて受け入れられる必要があります。この障壁により、一般の人々は、正当かどうかにかかわらず、これらの作家やクリエイターを専門家と見なすようになりました。何だと思いますか?同じフープを飛び越える必要はもうありません。専門知識は、ブログ、電子書籍の作成、ビデオの作成など、10年前でも利用できなかったさまざまな形で提供される可能性があります。それでも、 品質 、参入障壁がはるかに低くなっている(または存在しない)ためですが、それは問題ありません。あなたをパックのトップに押し上げるために必要な練習は努力する価値があり、真の専門家としてのあなたのステータスを固めるだけです。
  2. それはあなたがあなた自身について知らなかったことをあなたに教えることができます。 どれくらい早くできますか 本当に 朝起きますか?どれくらい遅く起きられますか?コーヒーを何杯飲むかは…。これらは、そこにいる自己実験者が答える質問だけではありません。私が最初に書き始めたとき– 本当に 執筆–私は自分が維持していたものとはかなり異なるスケジュールが必要であることに気づきました。夜明け前に目を覚まし、4〜5時間の睡眠をとることは、 私を殺します(少なくとも小さな噴出ではありません!)。執筆スケジュールを維持することによって身に付ける習慣は、非常に簡単かつ効果的にあなたの人生の他の領域に流れ込む可能性があります。あなたの仕事はより簡単に完了できるようになり、より多くの責任を引き受けて昇給できるようになるかもしれません。あるいは、フリーランスやゴーストライターなど、仕事以外の仕事をもっと引き受けていることに気付くかもしれません。それは私たちを次のポイントに導きます:
  3. 書くことはあなたのために受動的な収入の流れを生み出すかもしれません。 WHO しません 完全に受動的な収入の流れが欲しいですか?私は誰も知りません。単一の受動的な収入の流れの周りにライフスタイル全体を構築することは確かに非常に困難ですが、隔週の給料を強化するために書くことを使用することはまったく難しいことではありません。私は少量の広告収入を生み出すアクティブなブログを維持しており、月に数冊の短い電子書籍を書こうとしています(その後、Amazonや他の電子書店にアップロードされます)。将来的にはより多くのお金に変わります。私は書きません 具体的には 収入のために、しかしそれは確かに時々私の銀行口座への歓迎された追加です。小さなことから始めて、自分が何について書くのが好きかを理解し、その周りに人々のコミュニティを構築すると、自分の条件で作業する自由が増えるかもしれません!

書き始める方法

書くだけでなく、上手に書くことには確かに多くのことがありますが、もっと簡単な方法はありません。 実際に開始 。これが私のアプローチです:

業界に関係なく、 誰か あなたの専門知識と知識から利益を得るだろうそこに。したがって、あなたの仕事はそれらを見つけて、それらのために特別に何かを書くことです。

私は5年か10年前(または20年前!)に自分自身を想像し、そのバージョンの自分に役立つ何かを書こうとしています。同じことをすれば、おそらく[何をするにしても]の基本のクールなマニフェストになってしまうでしょう。あなたはそれをあなたのウェブサイトでeBookとして提供することができます、あるいはあなたはそれをあなたの日々のワークフローに組み込むことを試みることができます(標準的な操作手順文書のように)。

選択はあなた次第であり、可能性は無限大です。書くことは困難な作業である必要はありません。ほとんどの作家は、それが1日の中で最も治療的でリラックスできる部分の1つであるとよく言います。広告

それを試してみて、あなたの考えを見てください!ヘルプが必要な場合は、クリックするだけです。

(フォトクレジット: 空白のメモ帳付きノートパソコン Shutterstock経由)