目のけいれんを心配するとき–無意識のうちにそれをかき混ぜている可能性があります

目のけいれんを心配するとき–無意識のうちにそれをかき混ぜている可能性があります

まぶたのチックやけいれんのように、目のけいれんは決して眠りを失うことはありません。習慣的な波打ち筋肉の収縮は行き来し、時には数日間持続するため、グーグルについてもっと検討するように促します。しかし、私たちの多くがおそらくこれについて知らないのは、けいれんが深刻な何かの前兆になる可能性があるということです。もちろん、理由を理解しない限り、それを知ることはできません。 Sanaz Majd目のけいれんを心配するとき 投稿はあなたの時間の数分に値します!

たとえば、45歳の女性会計士であるアイリーンの場合を考えてみましょう。

アイリーンは、他の人と同じように、約1か月間、断続的かつ複数回の発作を経験しました。問題は彼女の効率に影響を及ぼし、それは彼女にサナズのアドバイスを求めるように促しました。重症度が変わり、会計士はそれが脳腫瘍のような壊滅的なものであると心配していました–グーグルはそう言います!広告

彼女の患者の病歴を少し見る

サナズはハウスコールメディックです。つまり、彼女は病気の診断方法を知っており、おそらくGoogleよりも少し信頼性が高いということです。彼女はけいれんを診断し、その結果は目を見張るものでした。彼女の鑑別診断から、アイリーンの状態は複数の原因から生じた可能性があることが明らかでした。広告



驚いたことに、原因の中には、目の疲れや倦怠感、アルコール、コーヒー、睡眠不足、目の怪我など、私たちが毎日行っていることや持っていることがあります。それは癌性腫瘍の兆候ではなく、彼女がアイリーンに質問した方法と結論から、私たちの多くが頻繁にそれを経験する理由は明らかです。広告



投稿に基づく反省

けいれんは通常、左眼でのみ発生し、眼鏡をかけている人とそうでない人に影響します。しかし、彼女の投稿から、体の残りの部分がうまく機能しているにもかかわらず、私たちの多くが毎日何をしているのか、または毎日持っていることがけいれんに寄与するのかは驚くべきことです。コンピュータに何時間も費やしていないか、アレルギーがなくても、左眼のけいれんを経験している可能性があります。あるいは、1日に1杯のコーヒーを飲むだけで、質の高い睡眠をほとんど経験せず、週に1回けいれんを感じるかもしれません。広告

これは単なるスニペットです!

この投稿を読むと、小さなけいれんを感じる理由と、それを取り除く方法を知ることができます。また、その感情がパーキンソン病や多発性硬化症などのより重篤な病気の兆候である可能性がある理由についても説明します。



記事全文を読むには、をクリックしてください ここに

広告