成功したいのに緊急時対応計画が必要な理由

成功したいのに緊急時対応計画が必要な理由

緊急時対応計画は、ケーキやコーヒーを飲みながら友人と話し合うようなものではありませんが、実際に計画を立てる上で不可欠な部分です。あなたはあなたのビジネス、学校のプロジェクト、あるいは家族での休暇のために1つ(またはそれ以上)を必要とするかもしれません。緊急時対応計画を立てる際の最大の問題は、人々がそれに何を含めるべきかについてよくわからないことです。これは、包括的なガイドを作成するための便利なガイドです。

目次

  1. 緊急時対応計画とは何ですか?
  2. 緊急時対応計画がない場合はどうなりますか?
  3. 緊急時対応計画が悪い場合はどうなりますか?
  4. 緊急時対応計画はどのようにあなたに利益をもたらすことができますか?
  5. 良い緊急時対応計画を書く方法は?

緊急時対応計画とは何ですか?

緊急時対応計画は、予期しないことが起こったときに実行する一連のアクションです。バックアップ計画または計画Bと考えてください。状況の変化のために元の計画がうまくいかない場合に従うことができる指示が含まれている必要があります。

緊急時対応計画は、将来発生する可能性のあるトラブルに対処するための準備をし、事故からのある種の脱出ルートを提供します。[1]

緊急時対応計画がない場合はどうなりますか?

プランAに予期せぬ問題が発生した場合、または事故により現在のプランを変更せざるを得なくなった場合、パニックになる可能性があります。特に、不測の事態に対処する準備が整っていない場合は、その時点で必要な解決策を思い付くのに十分なほど真っ直ぐに考えることができないでしょう。あなたは何をすべきかわからないでしょう。



さらに悪いことに、状況を制御できるようになるまで、ビジネスは通常に戻ることはできません。問題を解決し、新しい計画を立てる必要があります。広告

緊急時対応計画が悪い場合はどうなりますか?

緊急時対応計画を立てるのは簡単な作業だとは思わないでください。緊急時対応計画は包括的である必要があり、これには多くの慎重な検討が必要です。そうでなければ、それは役に立ちません。

たとえば、あなたは間違った種類の事故に備えるかもしれません。そして、あなたの計画が期待通りにうまくいかないとき、あなたは危機を処理するのに十分に組織化されません。つまり、パニックになります。

緊急時対応計画はどのようにあなたに利益をもたらすことができますか?

たとえば、緊急時対応計画を使用すると、事故に迅速かつ効果的に対処できます。[2]ビジネスシナリオでは、状況を修復する際の時間とコストを節約するのにも役立ちます。

また、緊急時対応計画は、予期しないイベントによって引き起こされる悪影響や損失を最小限に抑えるのに役立ちます。それは何かがうまくいかないとすぐに状況に対処し始めるようにあなたを導き、あなたを安全に保ちます。

結局のところ、緊急時対応計画を準備しておくことは、急いで新しい計画を立てることを心配する必要がないため、安心です。広告

事故は起こりそうにないと思うかもしれません。あなたはあなたのプランAが完璧だと思うかもしれません。ただし、未来は現在になるまで不確実であり、私たち人間は何が起こるかを100%制御することはできないことを覚えておく必要があります。手遅れになったときに緊急時対応計画を立てなかったことを後悔したくありません。

良い緊急時対応計画を書く方法は?

基本的に5つのステップがあります:[3]

次に、それらを1つずつ確認します。

1.特定する

緊急時対応計画は予期しないことと関係があるため、最初にリスクを予測する必要があります。[4] 広告

  • 何がうまくいかない可能性がありますか?
  • それがうまくいかない可能性はどのくらいありますか?
  • 不測の事態の影響と結果は何ですか?
  • あなたの反応や解決策はどうあるべきですか?
  • どうすれば事前に準備できますか?

2.優先順位を付ける

手順1で書き留めた内容を使用して、考えられる影響と可能性によってリスクをランク付けします。リスクが発生する可能性が高く、影響が深刻であるほど、ランクを高くする必要があります。

状況に応じて、各リスクにどの程度の重みを付けるかを決定する必要があります。

3.計画する

次のステップは、実際に緊急時対応計画を作成することです。利用可能なリソースを念頭に置いて、計画でカバーしたいリスクに対するソリューションを設計します。自分のニーズについて現実的に考えてください。おそらく、いくつかの問題を他の問題よりも先に処理する必要があるか、特定の時間枠内にアクションを実行する必要があるなどです。

また、数か月後に書いた内容を忘れたり、誰かが誤解したりしないように、明確で簡単な指示を与えることも重要です。[5]

4.実行する

緊急時対応計画に他の人、たとえば同僚や家族が関与している場合は、彼らと話し合ってください。特定のことが起こったときに彼らが何をすべきかを彼らに知らせてください。[6]それらを準備します。広告

次に、将来の事故に備えるためのアクションが計画に含まれている場合は、それらを実行します。これは、目標設定中に発生する可能性のあるリスクを軽減するのに役立ちます。

5.レビュー

変化は常に起こります。緊急時対応計画を実用的にするには、それを確認して定期的に調整する必要があります。計画の項目を評価します。時間の経過とともに、一部のリスクは多かれ少なかれ発生する可能性があり、または異なる結果をもたらす可能性があります。状況をよく学び、それに応じてソリューションを更新します。

計画が自然災害やサーバー障害などの大規模なリスクに関するものである場合、訓練を実施することは、計画の弱点を特定し、関係者が計画に従って行動する準備ができていることを確認するのに非常に役立ちます。に。

物事を見通しに入れるためのいくつかの具体的な例:

例1:屋外展示会の緊急時対応計画

  • 潜在的なリスク:雨
  • 影響を受けるのは誰か:出展者、訪問者、主催者、乗組員
  • アクション1:展示アイテムを保護する
    • 誰が行動するか:現場の乗組員
    • 準備:出展者の屋台の防雨カバー、3日前に天気予報を出展者にメールで送信
  • アクション2:訪問者を保護されたエリアに誘導する
    • 誰が行動するか:現場の乗組員、警備員
    • 準備:指定されたエリアを駐車禁止エリア、乗務員用の防水ジャケットとしてマークします

例2:大勢の聴衆(同僚)にスピーチを提供するための緊急時対応計画 広告

  • 潜在的なリスク:プロジェクターまたはコンピューターが機能しない
  • 影響を受けるのは誰か:私
  • アクション:私が話すときにホワイトボードに概要と要点を書く
    • 誰が行動するか:私
    • 準備:ハードコピーのメモ、3色のマーカー、印刷された配布物

注目の写真クレジット: flaticon.com経由のFlaticon

参照

[1] ^ マインドツール: 緊急時対応計画
[2] ^ クロニクル: ビジネス緊急時対応計画の例
[3] ^ Karen Dworaczyk: 緊急時対応計画の5つの簡単なステップ
[4] ^ プロジェクトマネージャ: プロジェクトのリスク管理とは何ですか?
[5] ^ マインドツール: 緊急時対応計画
[6] ^ wikiHow: 緊急時対応計画の書き方