アップルサイダービネガーの15の利点

アップルサイダービネガーの15の利点

アップルサイダービネガーは、サイダービネガーまたはACVとも呼ばれ、サイダーまたはリンゴから作られた酢の一種で、淡い色から中程度の琥珀色になります。アップルサイダービネガーは、その多くの健康上の利点のために、天然の家庭用製品とレシピの両方で見つけることができます。

アップルサイダービネガーには、必須ビタミンと微量元素の組み合わせが含まれているため、誰もが使用できる強力な成分であり、製品の添加物です。アップルサイダービネガーの印象的なメリットのほんの一部をご紹介します。

1.減量

アップルサイダービネガーは酢酸を多く含んでいます。酢酸は食欲を抑制し、最終的に水分貯留を減少させることが示されています。他の研究でも、リンゴ酢が脂肪の分解に役立つことが報告されています。減量のために、あなたのサラダに大さじ2杯を加えるのと同じくらい簡単なことをすることによってあなたの毎日の食物にリンゴ酢を取り入れてください。広告

2.セルライトの減少

アップルサイダービネガーは、セルライトの減少に重要な要素である脂肪の適切な貯蔵と分解を助けます。セルライトを減らすには、小さじ1杯のリンゴ酢と小さじ2杯のココナッツオイルなどのオイルを加え、問題のある部分を円を描くように優しくマッサージします。



3.血糖値の調節

アップルサイダービネガーの血糖値への影響は計り知れません。前述のように、リンゴ酢はでんぷんや炭水化物の消化を妨げ、血流への砂糖の吸収を遅らせます。これにより、血糖値が安定します。いくつかの調査研究はまた、どんな酢も血糖値を下げるのを助けるかもしれないと結論を下しました。血糖値の急上昇を防ぐために、就寝前に大さじ2杯のリンゴ酢を服用してください。

4.健康な心臓

アップルサイダービネガーの高酢酸含有量は、血圧とLDL(または悪玉)コレステロールを低下させる可能性もあります。アップルサイダービネガーは、血中のトリグリセリドと低密度リポタンパク質(LDL)のレベルを低下させ、高密度リポタンパク質(HDL)または善玉コレステロールのレベルを上昇させることも示されています。毎日の食事にリンゴ酢を加えることで、料理に風味を加え、健康な心臓に向けて努力してください。広告

5.フリーラジカル

私たちの多くは、私たちの体のフリーラジカルを減らす抗酸化物質を癒すと聞いています。これらの抗酸化物質のいくつかの例は、さまざまな果物や野菜です。フリーラジカルは、細胞や組織に損傷を与える可能性のある反応性の高い分子です。新鮮な果物や野菜にリンゴ酢をふりかけて抗酸化作用を高め、風味も加えます。

6.アンチエイジング

アップルサイダービネガーの抗酸化作用も老化を遅らせるのに役立ちます。アップルサイダービネガーは、体内の酸塩基平衡の安定性を維持することにより、老化を遅らせます。日常の食べ物に取り入れることに加えて、アップルサイダービネガーをスプレーボトルに入れて水で希釈することで、顔の強壮剤として使用することもできます。

7.傷を扱います

アップルサイダービネガーの強壮作用は、毛穴の運動や傷の治療にも役立ちます。コットンパッドに希釈したリンゴ酢を塗り、傷を軽くたたいて乾かし、治癒プロセスをスピードアップします。広告

8.骨粗鬆症の治療

アップルサイダービネガーは、骨粗鬆症の予防に重要なミネラルであるカルシウムの栄養吸収を助けます。カルシウムを適切に吸収してより強い骨を作ることができるように、食事にそれを含めてください。

9.喉の痛みの治療法

アップルサイダービネガーは、その抗ウイルス作用と抗菌作用により、喉の痛みを和らげるのにも使用できます。希釈したアップルサイダー溶液をうがいして、すぐに安心させます。

10.副鼻腔の救済

アップルサイダービネガーのカリウムと酢酸は、どちらも鼻づまりを和らげるのに役立ちます。コップ1杯の水に小さじ1杯(または大さじ1杯まで)を混ぜ、それを飲んで副鼻腔を排出します。広告

11.しゃっくりの治療

アップルサイダービネガーは、しゃっくりの一般的な原因である胃の酸バランスを回復させることができます。ほっとするために希釈液でうがいをします。

13.髪の健康

古いシャンプーボトルをリサイクルし、大さじ半分のリンゴ酢と一杯の冷水を入れます。シャンプーの堆積物を取り除くために、シャンプー後、週に数回髪を洗い流してください。

14.口臭の予防

前述のように、アップルサイダービネガーには抗菌性があり、口臭の予防に役立つものもあります。少なくとも1日1回は口の中で渦を巻いてください。広告

15.消化不良の緩和

食事の30分前に小さじ1杯のリンゴ酢と小さじ1杯の蜂蜜を小さなコップ1杯の温水に混ぜて飲みます。

これらの記述は、病気の診断、治療、治癒または予防を目的としたものではありません。運動や食事療法の計画を開始または変更する前に、必ず専門の医療提供者に相談してください。