独身でいることが間違った人と一緒にいるよりも良い理由

独身でいることが間違った人と一緒にいるよりも良い理由

関係は木のようなものであり、植えて栽培する必要があります。時間、エネルギー、リソース、注意が必要です。それを成長させるには、関係する2人の個人のコミットメントも必要です。関係が正しい方向に進んでいないとき、それは痛いです、そしてそれが独身であり、自分自身を愛することが時々あなたを幸せにする理由です。結局のところ、私たちは本当に理解され、感謝されたいのです。これが、正しい理由だけで関係を築くことが重要である理由です。

1.後悔することはありません

間違った人と一緒にいるということは、あなたが自分の感情の深さを理解していない人を喜ばせ、与えようとしていることを意味します。あなたは正しい人にあなたの感情を提供しなければなりません。一日の終わりに、あなたは自然の大義を成し遂げたことに満足していると感じます。何が起こったのか、どうして、何がうまくいかなかったのかを後悔して生きることは、失望、怒り、そして復讐につながるだけです。広告

2.あなたは幸せになるに値する

幸せであることは、私たち全員が当然のこととして持つべき権利です。では、なぜ間違った人に愛情を注いでそれを台無しにするのでしょうか?独身のときは、自分の優先事項を特定し、本当に幸せになることを追求することができます。あなたはあなたを理解し、気にかけている人々と一緒に時間を過ごすことができるでしょう。あなたのエネルギーをどこに投資するかを発見することに集中してください。

3.あなたの人生は短すぎる

私たちが世界にずっといたら、私たちは何年もの間、単一のオプションを探求することができました!しかし、私たちには十分な時間の素晴らしさがありません。私たちの生活に意味を与える人や物を探求し、手を差し伸べることが重要です。間違った人はそうしないので、なぜあなたの時間と彼らの時間を無駄にするのですか?広告



4.あなたはあなたの愛を示すことに不器用ではありません

あなたの愛情を示したり表示したりすることであなたが愚かに外れる場合でも、あなたはあなたを愛し、そのような愚かなジェスチャーに感謝する誰かがいるはずです。あなたはあなたの驚くべき感情のために軽蔑されたり虐待されたりするに値しません。誰かを愛することについて、何も厄介なことはありません。

5.あなたは壊されるに値しない

私たちはその気持ちがどのようになっているのかを知っています。屋内に閉じこもり、私たちの喪失を嘆きます。おそらく私たちは彼または彼女が完璧にマッチしていると信じていましたが、それは起こりませんでしたか?あなたが独身であるとき、あなたはあなたの感情をコントロールすることができます、あなたはあなたの状況を一人で管理することができます、そしてどういうわけかあなたは切り離されて壊れていません。この安定性のおかげで、あなたは自分自身だけでなく他の人へのサポートの柱になります。広告

6.あなたはあなたの自尊心を持っています

失望や怒りを傷つけても、自信や自尊心は生まれません。あなたの自尊心は完璧な関係にあることに基づいています。なぜそれに値しない誰かのためにあなたの自己価値や自尊心を妥協するのですか?おそらく、重要な関係を内向きに見ることは、それを望まない人にすべてを提供するのではなく、優先すべきです。あなたはあなたを信用しないのではなく、あなたを信用する関係だけを保つべきです。

7.あなたは自由を経験します

自由は珍しい商品であり資産であり、誰もがそれを持っているわけではありません。間違った関係にあるような否定的な状況は、あなたが最善を尽くすことを抑制し、思いとどまらせます。好きなときに食事をしたり、自分でスケジュールを立てたり、好きなときにたむろしたりできるはずです。あなたの幸せは、他の誰かではなく、あなたによって制御され、決定されるべきです。広告

一人でいることと自分を愛することは、あり得る最も注目すべき関係の1つです。あなたは自分を大切にし、発見し、崇拝することを学びます。これらの要素は、個人としての成長にとって重要です。たぶんあなたはこの成長を達成するために利己的でなければなりません、しかし途中であなたはあなたの関係の状態を検証する必要があることに気付くでしょう…そしてそれは適切な人とだけでなければなりません。

注目の写真クレジット: download.unsplash.com経由のhttp://www.unsplash.com 広告