爪の白い斑点はカルシウム欠乏を示していますか?史上最大の神話!

爪の白い斑点はカルシウム欠乏を示していますか?史上最大の神話!

指の爪に時折見られる白い斑点がカルシウム欠乏の指標であるという現在進行中の神話は生き残っています。これは、これらの神秘的な変色を根絶すると主張されているカルシウムが豊富なネイルエンハンサーの絶え間ない宣伝にまでさかのぼることができます。

しかし、これらの白い斑点は通常、欠乏の兆候ではなく、過去の爪の損傷の指標です。これは、ロイコニキアとも呼ばれます。

これらは通常、爪の付け根の損傷から形成され、爪が成長するのにかかる時間のために、最初の事件から数週間後に現れます。そもそも指を打つことを忘れてしまうほどの時間が発生します。



もろい爪-成長

白い斑点は、爪の噛みつき、マニキュア、マニキュアに対する軽微な反応によっても引き起こされる可能性があります。これらはすべて一時的なものであり、爪のように成長します。

爪の変色はまれに基礎疾患を示しますが、これらは追加の症状または重症度の増加を伴います。暗い色のスポットはより憂慮すべきものであり、より注意を払う必要があるスポットです。

最終的に、爪に時々見られる白い斑点は良性であり、時間とともに成長します。