印象的な印象を残すためにインタビューで尋ねるのに最適な質問

印象的な印象を残すためにインタビューで尋ねるのに最適な質問

あなたはついに面接の終わりに到達しました、そしてあなたの潜在的な雇用主はあなたに最も一般的な質問をします– 何か質問がありますか?

多くの人はこれを重要な質問とは考えていません。実際、最も一般的な回答は次のとおりです。 しない。

おそらくあなたはあなたの心の中にいくつかの基本的な質問をしましたが、それらはインタビューの間にすでにカバーされていると感じましたか?

おそらく、面接はあなたの潜在的な雇用主が言っていることよりもあなたが言っていることに関するものであるため、まったく考えていなかったのではないでしょうか。広告



この場合、あなたはあなたが思っている以上に仕事を得るチャンスを妨げているかもしれません。

この単純な質問に答えるのが難しい理由

面接で特に緊張している場合は、成績が良かったかどうかに関係なく、面接の終わりに心が安堵し始め、リラックスした状態になり始めることがあります。

ここでの問題は、私たちが信じていることです 何か質問がありますか? 面接が終わった瞬間ですが、実際には、あなたはまだ本質的に面接官によってテストされています。彼らは彼ら、役割、または会社へのあなたの興味を測りたいと思っています。 興味深い質問や情報を求める質問の準備ができていない場合は、その仕事に無関心で熱心ではないことに気付く可能性があります。

もう1つの問題は、質問を準備したが、面接の過程ですでに回答されているかどうかです。その場で新しい質問を探すのは難しいかもしれませんし、私たちは何も考えられなくなる可能性があります。広告

質問をすることで、あなたがその仕事に最適であることをどのように証明できるか

熱意、関心、そして双方向に流れる良い会話はすべて、潜在的な採用担当者と会うときにうまく出会うための優れた方法です。面接の大部分はあなた自身とその役割に対するあなたの能力に良い光を当てることですが、質問をすることはあなたの潜在的な雇用主にあなたの知識、役割の認識、そしてあなたが面接のために完全に準備したことを本当に示します。

それは本質的にあなたが仕事に真剣であることを示しており、あなたが会社とその価値について調査した場合、それは彼らと彼らがどのように運営されているかについてのあなたの知識をさらに示す機会になるでしょう。

しかし、それは採用担当者だけではありません。彼らがあなたの仕事の価値観、キャリアの進歩、仕事のライフスタイルに適しているかどうかを確認するチャンスでもあります。

どのような種類の質問をする必要がありますか?

準備が鍵です。持っていることが重要です 少なくとも2つの潜在的な賢い質問 それはあなたの仕事への熱意を示すことができます。最高のものは、雇用主への関心を取り入れながら、あなた自身にとって重要な情報を引き出し、その仕事があなたに適しているかどうかを引き出します。言い換えれば、あなたの質問は 焦点を当てた そして オープンエンド。 広告

会社について調べるための質問

これは、会社についての知識を披露する機会ですが、それがあなたとあなたのキャリアパスに役立つ場所であるかどうかを確認する機会でもあります。

  • 会社は地域社会の重要性に焦点を当てており、従業員のためのボランティア計画を運営していると読みました。それについてもう少し教えてもらえますか?
  • 会社の文化についてもう少し教えてください。
  • 会社はトレーニングの観点から従業員にどのように投資していますか?
  • この会社はどのように成功を定義し、測定していますか?

役割について調べるための質問

追加の質問をすることで、その役割に対する熱意を示します。採用担当者が役割を説明するときに言及したことを取り上げて、それについて詳しく説明するように依頼することも、この役割の将来とそれが成長にどのように役立つかについて考えることもできます。

  • この役割の進行をどのように確認できるか教えてください。
  • 来月、3か月、または1年のこの役割に対するあなたの期待は何ですか?
  • この役職の典型的な日を教えてください。
  • この仕事の最大の課題は何ですか?
  • これは新しいポジションですか?そうでない場合、前の従業員は何をしましたか?

インタビュアーに尋ねる質問

面接官に会社での彼らの役割とそれが彼らにとってどのように機能するかについての個人的な見解を尋ねることは、この会社、そしておそらくあなたが働くチームでの典型的な仕事生活の良い指標です。

  • ここで働くことの何が一番楽しいですか?
  • 会社にどのくらいいますか?
  • ここで働くことに関してあなたが改善することはありますか?
  • チームのダイナミクスはどのようなものですか?

役割への適合性をさらに明確にするための質問

仕事に就くのに役立つ自分自身についてもっと言いたいことがあると感じた場合、または自分の職歴について何かを明確にしたい場合は、今が情報を提示する良い機会です。情報が求められていない場合は、情報を強制しないようにしてください。これは、オープンであると感じるための方法です。ただし、質問されていない不一致について過度に説明すると、おそらく自分自身に問題が発生します。広告

  • 私の資格について何を明確にできますか?
  • 私の資格について何か予約はありますか?
  • 他に答えられる質問はありますか?

ロジスティクスを見つけるための質問

あなたが答えたいプロセスの次のステップに関係する質問があるでしょう。次に何が起こっているのか疑問に思って面接を離れたくないので、いくつか考えてみるのは良いことです。最後にこれらを尋ねるのが最善です。

  • 採用プロセスの次のステップは何ですか?
  • いつ仕事についての返事を期待できますか?
  • このポジションの開始予定日はいつですか?
  • 他に質問がある場合は、誰に連絡すればよいですか?

覚えておいてください: 給与、福利厚生、休暇の取得、または就職したかどうかについて質問しないでください。これらは面接後に議論されます。

だから、あなたのベルトの下にいくつかの質問があることを忘れないでください。これは依然として面接の重要な部分であり、面接とその役割の両方に対する熱意と関心を示しているという考え方を続けてください。しかし、それはあなたの利益にもなります。良い情報を求める質問をすることは、仕事があなたに合っているかどうかを知るのに役立ちます。がんばろう!