消費者が米国のファーストフードレストラントップ6をランク付けする方法は次のとおりです

消費者が米国のファーストフードレストラントップ6をランク付けする方法は次のとおりです

ファーストフードは、太りすぎや肥満との関連でしばしば批判されます。しかし、米国に住む多くの人々にとって、人々は常に外出中であるため、ファーストフードレストランは天国に送られます。

この議論の結果、多くの人がこの種のレストランを愛している一方で、他の人はそれらを楽しんでいません。余計な手間をかけずに、最も人気のある6つのファーストフードレストランに関する情報を共有します。私は多くのレビューを調べましたが、これがレビューアが今日のトップファーストフードレストランの6つにランク付けする方法です。 6番から1番にカウントダウンしましょう。

行こう!

6-チックフィレイ

このフランチャイズは1,950の場所にあり、現在も拡大を続けています。チックフィレイはそのことで知られています 骨なしチキンサンドイッチとそのワッフルフライ広告



Chick-Fil-Aは、会社の創設者とリーダーシップの宗教的信念でも知られています。彼らの宗教的見解のいくつかはメディアで非常に物議を醸しており、レストランは日曜日には営業していません。それでも、無料の食べ物のプレゼントでチェーンについて話し合うときは、このレストランについて言及することを忘れないでください。

5-タコベル

このファストフードレストランは、米国で最も普及しているメキシコのファストフードレストランの1つであるため、非常に人気があります。私が観察したことの1つは、タコベルの食品はメキシコ人やメキシコ人のバックグラウンドを持つ人だけが消費しているわけではないということです。あらゆるバックグラウンドの多くのアメリカ人がタコベルも楽しんでいます。

カスタマーサービスをさらに改善する方法として、TacoBellは現在 ダッシュ 顧客が自分の食べ物を自分のドアに直接届けられるようにするため。お客様を喜ばせるために率先して取り組んでいるのは素晴らしいことだと思います。

4-ウェンディーズ

このファーストフードチェーンはによって設立されました デイブトーマス 1969年にオハイオ州で開催されました。創設者がオハイオ州コロンバスに2つ目のレストランを立ち上げるのにそれほど時間はかかりませんでした。広告

今日でも、ウェンディーズは多くの人が食べたい昔ながらのスタイルのハンバーガーを提供しており、売り上げは引き続き好調です。その成功は、2016年の同社の第3四半期レポートで確認できます。当社の堅実な第3四半期の結果は、ブランド変革の取り組みのプラスのメリットを示していると、社長兼最高経営責任者のToddPenegorは報告しています。

3-バーガーキング

誰かがファーストフードについて話すときはいつでも、バーガーキングが言及される可能性が非常に高いです。これらのレストランは多種多様な料理から選ぶことができ、非常に人気があります。このフランチャイズは世界中に散らばっており、世界中でよく知られているブランドになっています。

統計サイトとして Statista 州では、2014年に世界中に52の会社所有のバーガーキングレストランと14,320のフランチャイズバーガーキングレストランがありました。

2-地下鉄

地下鉄は、生鮮食品で最もよく知られているファーストフードレストランチェーンの1つです。多くの顧客は、Subwayの製品は他のファーストフードよりも不健康ではないと信じています。実際、地下鉄の食べ物はとてもおいしいと言う人さえいます 減量に効果的広告

実際の研究はこれまで行われたことがないので、それが本当かどうかはわかりません。しかし、彼らは新鮮な野菜を含む生鮮食品を提供しています。

1-マクドナルド

バーガーキングがこのリストで3位にランクされているのに、なぜマクドナルドが1位にランクされているのか不思議に思うかもしれません。

これらのチェーンの両方から食べるのが好きな人々によって書かれた多くのレビューによると、マクドナルドは競合他社のバーガーキングよりも優れた料理を作っています。あなたの多くはそうではないと思うかもしれませんが、今日の時点で、それはいくつかのサイトのレビューアの大多数が主張していることです。下記のコメント欄にご意見をお寄せください。

ほとんどのファーストフードレストランに共通している最高のもの

一部のファーストフードレストランでは、すべての場所にドライブスルーがありませんが、ドライブスルーは、典型的なファーストフードレストランの最も優れた機能の1つです。ハンドルを握っている間に食べ物を受け取ることができると、交換がより速く、より便利になります。広告

車を持っていない場合でも、ドライブスルーのピックアップウィンドウから食べ物を購入できます。一部のタクシー運転手はそれを許可しないかもしれませんが、ほとんどのUber運転手はあなたと一緒にドライブスルーを喜んで通過します。として ユーバーライダー 、あなたは実際に多くのコントロールを持っています。車を持っていなくても、ファーストフード店のドライブスルーから食べ物を買うのを止めてはいけません。

結論

ファーストフード店は多くの人々の生活に大きな役割を果たしています。あなたがファンでなければ、私はあなたを責めることはできませんが、あなたが毎日ファーストフードを食べるなら、私もあなたを責めることはできません。一部の人々にとって、ファーストフードレストランが機能することさえ許されるべきかどうかは議論の余地があります。

ファーストフード店を禁止する余裕がない一方で、肥満が私たちの世界でさらに大きな問題になっているのは残念です。あなたへの私のアドバイスは、適度にのみファーストフードを消費することです。おそらくすでにご存知のように、それらの成分はあまり健康的ではありません。

注目の写真クレジット: myhealthylivingcoach.com経由のRonMcDiarmid 広告