テクノロジーが私たちの生き方を変える6つの方法

テクノロジーが私たちの生き方を変える6つの方法

ある時点で、コンピューターが相互作用するというアイデアは、想像力に富んだ少数の人々だけが楽しませることができる野生の夢のようなものでした。今日に向けて早送りすると、私たちは地球の外の生命を探求することに近づくだけでなく、 私たちは今、コンピューターに駆り立てられています

新しいテクノロジーは、私たちの日常生活に貢献し、物事を簡単にするだけでなく、私たちの生活を実質的に変えています。私たちの車から私たちが学ぶ方法や家が建てられる方法まで、これらの機械は私たちが今日の世界と対話する方法に新しい次元をもたらしています。いいえ、それらはSFではありません。これらは、私たちがすでにアクセスできる実際のテクノロジーです。

この記事では、テクノロジーが私たちの生活をどのように変えているかを探ります。テクノロジーが生活費や生活水準に与える影響から、現在アクセスできる人体に関する情報の量までです。

1.住宅と建築

住宅は私たちの生活の大きな側面です。 3Dレンダリングにより、建築家やデザイナーはモデルやプレゼンテーションをより詳細に作成できるようになりました。広告



3Dはもはや新しいテクノロジーではありませんが、その影響はまだ消えていません。 3Dテクノロジーが登場する前は、アーキテクトは2Dでのみ視覚化されたカードを使用するか、手作業でプレゼンテーションを作成する必要がありました。彼らのプレゼンテーションは平均的なものに過ぎず、クライアントがどのような詳細に関係しているかを知る前に、常に多くの説明が必要でした。

Stefan Kaertner氏によると、建築における3Dレンダリングは複雑なプロセスであり、画像対応のプリントで建物のリアルなプレゼンテーションを作成します。

3Dレンダリングを使用すると、クライアントは実際に試運転する前に建物の仮想ツアーに参加できます。これにより、クライアントは建物がどのようになるかを直接体験できます。これは、3Dテクノロジーが登場する前は不可能でしたとKaertner氏は言います。

2.ビッグデータ

データは、専門家が行うことから推測を取り除き、仕事を推測するのに役立ちます。広告

今日、ビッグデータは世界に大きな影響を与えています。驚異的なのは、ビッグデータの可用性から得られるメリットだけでなく、意味のあるデータを生成する方法の背後にあるテクノロジーでもあります。 Apple WatchなどのウェアラブルからIoTまで、データがリアルタイムで急増しているのを目の当たりにしています。

現在、データの増加は非常に高く、2020年までに約 1.7メガバイトの新しい情報 毎秒一人一人のために作成されます。

これらの大量のデータの流入から恩恵を受けているのは誰ですか?保険、健康、そしてもちろん一流のテクノロジーやマーケティング会社のような業界は、ビッグデータの必要性をリードするでしょう。

3.健康とメンタル分析

テクノロジーは、以前は診断が困難であった健康状態の患者のより良い治療をもたらしています。テクノロジーの進歩により医師や医療会社がデータを利用できるようになったため、医療提供者は患者の健康記録を簡単に追跡できるだけでなく、治療を簡単に提供できるようになりました。広告

4.インターネットのアクセシビリティ

世界の人口の何人かにとって、インターネットへのアクセスは依然として贅沢です。

世界で最も遠隔地にあるいくつかの地域にインターネットアクセスを提供することは、マークザッカーバーグやグーグルなどの世界をリードするテクノロジーリーダーの目標の1つです。どちらも、次のようなテクノロジーのおかげで、夢が実現するのを見ることができました。 無人太陽電力航空機 そして 気球を動力源とするインターネット

これらのテクノロジーは、これまでになかった地域へのアクセシビリティをもたらすことで世界がインターネットに接続するのを助けるだけでなく、インターネットにアクセスするためのコストも 結果としてそれらは下げられていますか

5.バーチャルリアリティ

バーチャルリアリティは、コンテンツの消費方法を再定義しました。テクノロジーM&Aアドバイザリー会社のDigi-Capitalによると、このテクノロジーによって生み出された業界は、2020年までに300億ドルもの価値がある可能性があります。広告

VRによるコンテンツ消費は絶えず増加しており、 20万人以上の開発者が登録しています 2015年だけでOculusRift用のゲームを構築する。人々がコンテンツを消費する方法を仮想現実が変えることで、そのハードウェアに対応する市場は間違いなく巨大になるでしょう。 Statistaのデータによると、 VRハードウェアマーケティングは2020年までに5.2ドルの価値があるでしょう

結論:

テクノロジーは、今日の私たちの生活に多大な貢献をしています。今日私たちが行うほとんどすべてのことは、今後わずか2、3年で異なる方法で行われるでしょう。より多くの国として ドライブレスカーを許可するポリシーを作成する 乗客を運ぶために、第三世界の国々でスマッター都市が開発されています。テクノロジーは変化し続け、私たちの生活を定義します。