オンラインプライバシーを保護するための4つのChrome拡張機能

オンラインプライバシーを保護するための4つのChrome拡張機能

GoogleのChromeブラウザには、ブラウジングエクスペリエンスを強化および保護するための強力な拡張機能が多数あります。 Chromeがデフォルトのブラウザである場合、オンラインプライバシーを保護するために、次の4つの拡張機能をインストールする必要があります。

切断する

切断する



キュレートを切断し、複数のサイトやウェブアプリでのユーザーのブラウジングアクティビティの追跡に関係するサードパーティのリソースをブロックします。冗長なリソースがブロックされると、Webページの読み込みが速くなります。また、ブロックされた追跡リソースを視覚化するため、時間と帯域幅を節約できます。



Chromeを追跡しない

追跡しません

追跡しません は、ユーザーが独自の設定を行うことができるオプトアウトメカニズムです。 ChromeにはDo-Not-TrackHTTPヘッダーを有効または無効にする設定が組み込まれていますが、この小さな拡張機能をインストールすると、ブラウザの設定を台無しにすることなくすばやく有効にできます。悲しいことに、Do-Not-Track設定は、GoogleやFacebookを含む多くの大企業によって無視されています。



オプトアウトを維持する

オプトアウトを維持する

この拡張機能はGoogleによって開発および保守されており、ユーザーはパーソナライズされた広告と行動データの追跡をオプトアウトできます。これは、ユーザーの閲覧履歴と検索履歴に基づいて広告を表示する、多くの企業で使用されているオンライン行動広告手法をオプトアウトするための最良の方法です。



Googleを追跡しないでください

ドン

Googleで結果リンクを検索してクリックするたびに、リンクコンバージョンを測定するためにクリックがGoogleによって記録され、他の非公開の統計情報が表示される場合があります。この小さいながらも非常に便利な拡張機能であるDo n’t Track Me Googleは、GoogleのトラッキングURLを削除し、紹介情報を非表示にします。