良いリーダーになり、どんな状況でも効果的にリードする方法

良いリーダーになり、どんな状況でも効果的にリードする方法

リーダーが謎に包まれていると感じることが多いため、一部の人々が優れている理由。リーダーシップについて読んだり、調査したり、話したりすることはできますが、リーダーシップへの関心だけでは、必ずしも優れたリーダーになる方法を学ぶことはできません。

あなたは平均的な人よりも多くの情報を持っていますが、効果的なリーダーシップを学ぶことは生涯の仕事です。それには経験が必要です–そしてそれはたくさんあります。最も重要なことは、観察と行動へのコミットメントが必要です。

独自のリーダーシップゲームを強化する方法を探している場合は、優れたリーダーが共有する6つの特徴を読んでください。



1.周りの人々の成功に専念

優れたリーダーは利己的ではありません。確かに、彼らは成功したいと思っていますが、他の人も成功したいと思っています。



優れたリーダーは、他者への投資は自分自身への投資と同じくらい重要であると考えています。彼らは自分たちの成功が周囲の人々と密接に関係していることを理解しており、仲間、従業員、友人、家族が成長と発展への道を確実に持つように努めています。

リーダーは脚光を浴びている人々かもしれませんが、彼ら(リーダー)がそのスポットライトに入るのを助けた周囲の人々をすぐに指摘します。他の人を持ち上げようとする彼らの意欲は、同僚や友人の献身と忠誠心を刺激します。広告



2.他人の承認に過度に依存していない

マネージャーがチームへのサポートを表明することは重要です。これをうまくやり、良いリーダーになる方法を学ぶために、あなたは他人の承認に頼ってはいけません。クロニクル・オブ・フィランソロピーの記事で次のように説明しました。[1]

愛されたいという願望は当然ですが、部下からの承認を優先するマネージャーは、従業員に危害を加える可能性のある効果のない上司になります。たとえば、承認の必要性に駆り立てられたマネージャーは、従業員の改善に役立つ可能性のある建設的なフィードバックを提供することを躊躇する可能性があります。誰かを怒らせることを恐れるマネージャーは、職場環境と文化を低下させる行動を容認するかもしれません。



さらに別の例では、他の人の承認に依存しているマネージャーは、短期的には人気がないと見なされる可能性があるが、長期的には必要な決定を下さない場合があります。

スポーツチームを統合したコーチのことを考えてみてください。そうするという彼らの決定は、現時点では奇妙で、間違っているようにさえ思えたかもしれませんが、時が経てば、それらの指導者たちは歴史の正しい側にいたことが証明されました。

3.スポットライトを共有する能力

注意は素晴らしいですが、それは優れたリーダーの主な動機ではありません。彼らは、効果的なリーダーシップとは単に良い仕事をすることであると理解しています。

このため、優れたリーダーは、その一環としてスポットライトを共有する用意があります リーダーシップ戦略 。彼らは注意力の欠如によって脅かされることはなく、すべての成果に対して信用を必要としません。彼らは自分たちの目標に集中しすぎて、仕事の緊急性に集中しすぎています。 広告

4.学びたいという願望

人間が絶えず進化しているのと同じように、リーダーも進化しています。あなたが生きている限り、あなたは学ぶ可能性があります。

私は自分がマネージャーとしてすべてを正しく行っていると思った経験がありますが、チームから相反するフィードバックを受け取っただけです。おそらく私のアプローチは私のチームにとってうまくいかなかったので、改善するために彼らのフィードバックを喜んで聞く必要がありました。

優れたリーダーは、優れたリーダーシップの秘訣は、情報を受け取り続ける意欲であり、 学び続けます 。彼らは自分たちが知らないことに恐れることはありません。彼らが成長し続ける意欲を維持している限り、彼らは直面するあらゆる障害を克服できると信じています。これは、優れたリーダーになる方法を学ぶ上で重要です。

マスターと学生の両方として、優れたリーダーは成長するために読んで、聞いて、勉強します。彼らは娯楽目的だけでなく、情報のためにコンテンツを消費します。彼らは自分たちの知識に感銘を受けていません。彼らは学習の旅に感銘を受けています。

あなたもまた学ぶことを愛することを学びたいのなら、Lifehackの ファストトラッククラス:学習の天才を刺激します。

5.脆弱性を超大国と見なす

それは、「プロの距離とクールさ」を不確実性、リスク、感情的な露出に置き換えることを意味します、とハーバードビジネスジャーナルの脆弱性によってボスが得るものの中でエマサッパラは言いました。[二]彼女は続けて、人と人とのつながりの重要性に注目しました。広告

リーダーや従業員として、私たちは距離を保ち、特定のイメージを投影するように教えられることがよくあります。自信、能力、権威のイメージ。私たちは、夜に密室で配偶者や親しい友人に脆弱性を開示することがありますが、職場ではもちろん、日中は他の場所にそれを示すことは決してありません。

これは、女性リーダーとしての私にとって非常に真実です。私は、職場でのどんな感情の表れも私に対して使用される可能性があると信じて育ちました。私は、女性リーダーがストイックで、決してあなたが汗をかいているのを見させないことが最善であると信じて育ちました。これにより、私はより深く、より個人的なレベルで従業員や同僚とつながることができなくなった可能性があります。

6.自分自身を理解する

私はライフコーチでありスピリチュアルティーチャーであるイヤンラヴァンザントの大ファンです。 OWNネットワークでのヒットショーに加えて、ヴァンザントは数十冊の本を執筆しています。彼女の本と教えの中で、彼女は 自分自身を完全に知っている 。彼女は、特に私たちが良いリーダーになる方法を学びたいのであれば、何が私たちをカチカチさせるのか、何が私たちを幸せにするのか、そして何が私たちを怒らせるのかを知る必要があると主張します。

自己認識 自分が成長できる状況に身を置くことができ、自分自身の目標や期待を下回ったときに思いやりを持てるようになります。関連して、自分自身を理解することで、自分の強さを知ることができます。私たちの強みを知ると、私たちの強みを補完し、リーダーシップのギャップを埋める人々を私たちの周りに配置することができます。

優れたリーダーは、チームメンバーが尊敬し、フォローできるようなリーダーになるために、感情的知性を発達させます。彼らは成功と失敗を受け入れ、それは彼らが彼ら自身と彼らの周りの人々の両方との信頼を築くのを助けます。彼らはそれがより生産的な労働力につながることを知っているので、彼らは前向きな姿勢を育みます。

最終的な考え

何よりもまず、優れたリーダーになる方法を学ぶことは、内部の仕事です。絶対です 人として成長することに焦点を当て、 あなたが持っているリーダーシップの肩書きに関係なく。自分が行ったことのない場所に他人を連れて行くことはできません。したがって、自分の時間やキャリアのどこにいても、自分自身に集中することは、あなたとあなたの周りの人々に長期的な利益をもたらします。広告

さらに、優れたリーダーになる方法を学びたい場合は、 意図を設定する そうするには。あなたが焦点を合わせるものは成長するので、あなたがより良いリーダーになることに焦点を合わせるならば、あなたはこの意図を達成するのを助けるものを研究して投資するでしょう。また、良いリーダーシップの経験と悪いリーダーシップの経験を、あなたの性格を磨き、あなたが向上するのを助ける足がかりとして見るでしょう。

意図を設定した後、 良いリーダーがあなたにどのように見えるかを本当に明確にします 。私たち一人一人がリーダーシップについて異なる理解を持っています。成功したリーダーはリスクを冒す人ですか?あなたの推定では、良いリーダーは他のリーダーを育成する人ですか?

優れたリーダーになることの意味を定義したら、自分のビジョンを実証する人を探します。可能であれば、彼らを見て、彼らと関わりましょう。

最後に、優れたリーダーになることは一朝一夕には起こらないことを理解してください。あなたは絶えず改善に取り組み、自分自身に投資し、そして何が良いリーダーになるのかを考えなければなりません。このように、すべての経験は成長する機会であり、質問する機会です。この経験は私に何を教えようとしているのでしょうか。またはこの状況に基づいてどのようなアクションが必要ですか?

あなたが質問し、評価し、行動することに専念しているなら、あなたはより良いリーダーになることにずっと近づいています。

効果的なリーダーシップについての詳細

注目の写真クレジット: unsplash.com経由のDollarGill 広告

参照

[1] ^ 慈善活動のクロニクル: 良いマネージャーが好きになりたいという欲求を克服する理由
[二] ^ ハーバードビジネスジャーナル: 脆弱であることによってボスが得るもの