ここに書く、今すぐ書く、どこにでも書く:13の無料のWebベースのワードプロセッサ

ここに書く、今すぐ書く、どこにでも書く:13の無料のWebベースのワードプロセッサ

状況を想像してみてください。あなたは休暇のために両親の家を訪れています。自分のPCから1000マイル離れた場所で、インスピレーションが湧いたとき、小説の次のプロットツイストの素晴らしいアイデアです。または、次のことを検討してください。出張中にノートパソコンが盗まれました。現在取り組んでいる提案は明日です。または、2時間以内に課題があることを思い出したときにキャンパスにいて、1時間離れて住んでいます。

多分あなたはあなたがあなたの仕事を続けるサムドライブを持っています。今、あなたがしなければならないのはあなたのファイルを読むことができるPCを見つけることです、そしてあなたがあなたが必要なファイルをすぐにバックアップすることを忘れないことを望みます。しかし、過去2年間のWebテクノロジーの進歩により、インターネットにアクセスできる限り、アクセスできるコンピューターに関係なく、どこからでも作業できる別の方法が提供されました。それはオンラインワードプロセッサーです。



広告



オンラインワードプロセッサを使用すると、どこからでもドキュメントを作成、編集、保存、およびアクセスできます。最高のものを使用すると、ドキュメントを共有したり、変更を追跡して以前のバージョンに戻したり、他のライターと共同作業したりすることもできます。何よりも、適度に最新のコンピューターであれば、通常は何もインストールせずにアクセスできます(ActiveX、Flash、またはJavaが必要なものもあります。これらはすべてほとんどのコンピューターにすでに存在します)。

Writely(現在のGoogle Docs)がリリースされてからしばらく前から、いくつかのオンラインワードプロセッサを使用してきました。最近のGoogle DocsとZohoのアップデートと、いくつかの新しいワードプロセッサのリリースにより、フィールドをチェックして確認することにしました。オンラインワードプロセッシングの世界で私が見逃していたかもしれないもの。 13種類のオンラインワードプロセッサ(そして14番目はまだテスト中ですが実行できませんでした)が無料で利用できることに驚きました(有料のものもありますが、無料のもののいくつかの品質を考えると私はこの切り上げからそれらを除外することを決定しました)。



ブロック上の新しい子供:Adobe流行語

私のお気に入りは、断然、新しく発売されたものです 流行語 、最近アドビに買収されました。流行語はFlashで実行され、私は一般的にFlashが嫌いです(実際、私はFlashを使用しています フラッシュブロック デフォルトでFlashベースのコンテンツを無効にするFireFoxの拡張機能)。しかし、BuzzwordはFlashを非常にうまく使用しており、驚くほどゴージャスな使いやすいワードプロセッサを提供します。見てください(フルサイズのビューについては、スクリーンショットのいずれかをクリックしてください):広告

流行語

流行語では、完全な書式設定、ヘッダーとフッター、ページ番号、文末脚注、表と画像、キーボードショートカット、コメントなど、ほとんどの人が使用する傾向のあるすべての基本的なワードプロセッシング機能を使用できます。また、実行中の単語数、インラインスペルチェック、および改訂履歴も提供します。これは、ライターに最適です。メニューには慣れるのに少し時間がかかります。ツールバーの右側にあるアイコンをクリックすると、段落、リスト、画像、およびテーブルの設定が所定の位置にスライドします。



非常に小さな苦情がいくつかあります。 1つ目は、利用可能なフォントがAdobe独自の、美しくデザインされているが独自仕様の書体であるということです。つまり、ドキュメントをダウンロードしてWordまたは別のワードプロセッサで開くと、システムのデフォルト(Times New RomanおよびArialfor Windowsユーザー)に置き換えられる可能性があります。また、BuzzwordではPDFとしてエクスポートすることはできません。これは、Adobeであることを考えると奇妙なことです。そして最後に、Adobeは、ユーザーに提供しているストレージの量については述べていません。テキストドキュメントのサイズが小さいことを考えると、有用であるためにそれほど多くのストレージである必要はありません。広告

私が流行語がどれだけ好きかをお話ししましょう:私は書き始めました もっと遊べるように。きれいにフォーマットされたタイトルページを含め、13,000語以上(39ページ)を書きました。特にブラウザがフルスクリーンに設定されている場合は、作業するのが楽しいだけです。

スリーパー候補:iNetWord

inetword

この調査を行ったときの大きな驚きは、私の2番目にお気に入りのオンラインワードプロセッサが、その名前を聞いたことがないということです。 iNetWord 。実際、流行語が出たばかりでなければ、iNetWordが私のリストの一番上にあります。これは、背景、境界線、ページ番号、表、画像、作品をサポートする、フル機能の完全なワードプロセッサです。ページデザインやブログ投稿などのWebタスクと、FAXや手紙などのビジネスタスクの両方に対応するいくつかの組み込みテンプレートが付属しており、非常に応答性が高くなっています。タブ付きのインターフェースはいい感じで、同時に複数のドキュメントを開いて作業することができます。そして、それはまだベータ版です!広告

ビッグスリー:Google Docs、Zoho Writer、ThinkFree

これまで、私のWebベースのワードプロセッサへのアクセスはGoogleDocsでした。私もZohoWriterをかなり使用しました。 ThinkFreeよくできていないからではなく、Javaを使用しているため、私は遠ざかっていました。Javaベースのアプリで運が良かったことは一度もありません。これら3つはオンラインワードプロセッシングの大物であり、スプレッドシート、プレゼンテーションエディター、プロジェクトマネージャー、連絡先マネージャー、ノートブック、その他の優れた機能を備えたオンラインオフィススイートに統合されているため、非常に魅力的です。

  • Googleドキュメント
    Googleドキュメント:以前はWritelyでしたが、Google Docsは、私がかなりの程度まで使用した最初のオンラインワードプロセッサでした。 Googleの他のすべてのものと同様に、そのインターフェースはクリーンです—多分クリーンすぎます—そしてそれは一般的にちょうど機能します。基本的なフォーマットは簡単で、ストレージスペースは広く(ドキュメントのサイズは制限されていますが)、共有とバージョン管理も簡単です。ただし、基になるコードはプレーンHTMLであるため、複数のインデントなど、厄介なことがいくつかあります。それでも、私はGoogleドキュメントで数十のドキュメントを作成しましたが、実際の苦情はありません。
  • zoho
    Zohoライター :私はGoogleドキュメントをずっと頻繁に使用していますが、 お気に入り Zohoライターもっと。 (人を理解してくださいね?)Zohoは優れたインターフェースを提供し、ライターが求めることができるほぼすべての機能(ページ番号、脚注、テンプレート、共有、Webへの公開、PDFとしてのエクスポート)を提供します。また、Box.netとも統合されているため、好きなBox.netアカウントとの間でドキュメントを開いたり、編集したり、保存したりできます。大きなドキュメントにはZohoを使用し、クイックにはGoogleDocsを使用しています。 —しかし、私は前者よりも後者の方がはるかに多いです。
  • thinkfree
    ThinkFree :JavaベースのThinkFreeは、実行を開始すると優れたエディターです。ツールセットが限られているクイック編集機能は、非常に便利です。電源編集機能(上の写真)は、ロードに1分以上かかる場合があります。ただし、読み込まれると、基本的にはWord 2003になり、オートコレクト、テーブル、スタイル、単語数、フィールドの挿入、PDFへのエクスポートなど、ヘッダーとフッター以外のすべてが含まれます。実行中のPCからフォントを取得します。つまり、適切な選択が可能です。残念ながら、テキストはJavaで実行されているため、かなり不格好に見えます。

残りすべて

これが私が試した残りのオンラインワードプロセッサです。アルファベット順になっています。これらの中には非常に優れているものもあれば、高度に専門化された用途のものもあり、フルタイムで使用する準備が整っていないものもあります。しかし、まとめると、それらはオンラインアプリケーションの信じられないほどの可能性を示しており、うまくいけば、その可能性を実現するための健全な競争とインセンティブを互いに提供します。たぶん来年、これらの1つが、私の新しいオンラインワードプロセッサとして、あるいは私の選択として、Buzzwordに取って代わるでしょう。 日常的に使用 ワードプロセッサ!

  • ajaxwrite
    ajaxWrite :シンプルなインターフェースとすっきりとしたワークスペースを備えたajaxWriteは、気を散らすことなくすばやく書くのに理想的だと思いますが、そうだと思います。残念ながら、FireFoxで実行すると、保存できませんでした。ただし、他の人はajax13のアプリを誓うので、それは単なる競合する拡張機能か何かだと思います。
  • docly
    docly :ワードプロセッサとして、doclyは問題ありません—以下のKBDocsおよびGreenDocと機能が似ています。ただし、Doclyを際立たせているのは、著作権管理に重点を置いており、作品にクリエイティブコモンズライセンスまたは従来のAll RightsReservedライセンスを割り当てることができることです。ここで取り上げる他のほとんどのオンラインサービスと同様に、ドキュメントを共有して公開することも、販売のために提供して検索エンジンからアクセスすることもできます。
  • goffice
    gOffice :gOfficeの主な製品は有料スイートであるため、このまとめから除外されていますが、現時点では、少なくともiPhone互換のワードプロセッサは無料で利用できます。保存時にgOfficeの広告が追加されるため、最も便利なアプリケーションではありませんが、独自の概念テストが行​​われ、将来的にはより便利なiPhoneアプリケーションにつながると思います。
  • greendoc
    GreenDoc :基本的にオンラインのWebページエディタであるGreenDocを使用すると、ログインせずに書き込みを開始してWebに直接保存できます。ドキュメントは90日間オンラインのままです。または、より永続的なストレージ用のアカウントを作成できます。ツールセットは標準的なフォーマットオプションの範囲であり、基本的な飾り気のない編集に適しています。
  • kbdocs
    KBドキュメント :GreenDocsよりもさらに基本的なもう1つの飾り気のないエディター。サインアップが簡単なことで区別されます。ユーザー名とパスワードを選択し、Enterキーを押すだけで、編集できます。
  • ピーペル
    ピーペル :本格的なWebtopシステムの一部であるPeepelのワードプロセッサには、いくつかの優れたテンプレートを備えた、非常に優れた基本オプションのセットがあります。ユーザーインターフェースがおかしい—風変わりな言葉の方がいいかもしれない:サイトのロゴをクリックしてメニューを開く。
  • ライトボード
    WriteBoard :37Signalsの善良な人々によって作成されたWriteBoardは、オーサリングよりもコラボレーションを目的とした、必要最低限​​のwikiスタイルのエディターです。技術的には、これはワードプロセッサではないと思いますが、特にWikiの書式設定コードに既に慣れている場合は、まともな最低限のエディタです。
  • 作家
    作家 :これも技術的にはワードプロセッサではありません。 Writerは、ライター向けの簡素化された書き込み環境です。書式設定、スペルチェック、フォントはありません。黒い画面に緑色のテキスト(TRS-80日間を思い出してください…)と単語数しか提供されないため、目標を達成するまで書き込みと書き込みを行うことができます。

The Rookie:UlteoがOpenOffice.orgをオンラインで提供

次の大きなものはおそらく ウルテオ 、OpenOffice.orgスイート全体をオンラインで、どのブラウザからでもアクセスできることを約束します。ベータテストに登録しましたが、今のところ試してみることができません。どこからでもOpenOffice.orgにアクセスできるようになることは大きな一歩であり、MicrosoftにOfficeアプリをオンラインで利用できるようにすることを後押しするかもしれません。 (または、Microsoft Live Office製品の名前から抜け出すことになっているアイデアではありませんか?)究極の夢は、コンピューターベースのソフトウェアでできることをオンラインで実行できるようにすることです。その方向への大きな一歩です。広告

最後の言葉

ライターとして、優れた堅実なワードプロセッサは私の最も重要なツールです。家から離れて書きたい(または書きたい)ことが多い人として、これらのワードプロセッサのいくつかの品質は非常に高く評価されています。私の2つのお気に入りがまったく新しいものであることに驚きました。今後数か月にわたって、BuzzwordとiNetWordを徹底的にトレーニングすることを楽しみにしています。

これらのアプリケーションは役に立ちますか?どのオンラインワードプロセッサを使用していますか、またその理由は何ですか?私は何かを逃したことがありますか?特に、私の新しいお気に入りとして流行語に取って代わるものを見逃したことがありますか? (私はそのように気まぐれです—何か他のものが来たら、私は先に進みます ハートビート !)