次のフライトで処方薬を運ぶ:知っておくべき6つのこと

次のフライトで処方薬を運ぶ:知っておくべき6つのこと

処方薬を携帯しても、旅行を楽しむことができます。結局のところ、薬はあなたの生活の質を阻害するのではなく、改善することになっています。あなたが孤独な道にぶつかる前に、あなたの薬を整理し、適切な文書を並べるために少し時間をかけてください。これは、税関やその他のチェックポイントを迅速に通過するのに役立ち、あらゆる種類の薬物を運ぶ際の不必要な遅延やその他の問題を排除するのに役立ちます。知っておくべきことはすべてここにあります。

1.元の薬局のパッケージに薬を保管します

薬局は、医師と薬局の両方の名前、住所、電話番号が記載された、認識可能な容器に薬を調剤します。通常、この公式パッケージは、国内線に必要なすべての正当性です。海外旅行を計画している場合は、必ず航空会社、目的地の税関、飛行機の停車や乗り換えが必要な空港に確認してください。

航空会社では、特に液体の場合は、持ち運べる薬の量に制限がある場合があります。航空会社のガイドラインを満たすために、旅行目的で薬を小さな容器に入れるよう薬局に依頼することができます。可能な限り、機内持ち込み手荷物ではなく、受託手荷物に薬を入れておくことをお勧めします。飛行中に少量を機内に持ち込む必要がある場合は、薬局と医師の情報が記載された正規のパッケージに入っていることを確認してください。広告

2.公式文房具について医師からメモをもらいます

精神安定剤や麻薬などの規制物質は、セキュリティチェックポイントを通過するのが難しいことがよくあります。医師に、彼のオフィスの文房具にあるすべての処方箋のリストを、彼のフルネームと連絡先情報とともに作成してもらいます。元の薬局のパッケージに疑問がある場合は、このドキュメントがバックアップ計画です。これは、規制物質であるか、皮下注射針が不要な薬を服用している場合に特に重要です。注射器は安全に梱包して、疑いを持たないTSAエージェントが針に引っ掛からないようにしてください。



これは、大量の薬を服用している患者や、異常に大量の薬を携帯する必要がある患者にも役立ちます。一定の金額を超えると、分配するのに十分であると見なすことができ、麻薬密売の罪から身を守るという厄介な立場に置かれます。懸念がある場合は、旅行先の地方自治体に確認してください。

3.出発する前に十分な量の薬を補充します

出発する前に手元にある服用回数を数え、自宅、医師、薬局から遠く離れたときに不足しないようにしてください。旅行の遅れがある場合に備えて、いくつかの追加の用量を含めるようにしてください。緊急医師の予約または処方箋の補充があなたの母国または国の外でカバーされているかどうかを健康保険会社に確認し、これらがカバーされていない場合は別の計画を立ててください。広告

オンライン薬局は、次のような状況で役立ちます。 www.canadianpharmacymeds.com 。旅行保険は、不在中に緊急医療が必要になった場合に備えて、一部の費用を相殺するのに役立ちます。これらのパッケージは、他の旅行ニーズと一緒に購入すると、一般的に手頃な価格になるため、旅行代理店に問い合わせてください。

4.処方箋を医療旅行キットに入れます

すべての旅行者は、梱包されて手元にある医薬品キットが必要です。キットには、必要な頻度が少ないものに加えて、すべての通常の薬が含まれている必要があります。旅行先によっては、次のようなアイテムを梱包する必要があります。

  • 鎮痛剤
  • 吐き気止め薬
  • 止瀉薬
  • 日焼け止め
  • 虫よけスプレー
  • 乗り物酔いの薬
  • アレルギー治療薬
  • 抗菌軟膏や包帯などの救急用品

医療キットを持って出発する前に、持参している市販薬が処方薬と競合しないことを確認してください。旅行中に気分が悪くなるまで待つと、誤って危険な薬物相互作用を引き起こす可能性があります。広告

5.医薬品の冷蔵または保管の計画を立てます

特定の温度で保管する必要がある薬は、さらに多くの計画が必要です。旅行の場合は、小型のクーラーボックスを機内に持ち込むことを検討できますが、目的地で冷蔵庫やクーラーボックスに簡単にアクセスできることを確認する必要があります。ホテルに事前に電話して、薬なしで行く必要があるよりも長く冷蔵庫から離れるツアーやその他の外出の計画を立てることを忘れないでください。

より長い遠足で薬を服用するために、ドライアイスまたは他の代替品を携帯する必要があるかもしれません。旅行代理店を経由するときは、ホテルの部屋に冷蔵庫があるかどうかについて彼女の言葉を信じないでください。自分でホテルに電話して確認してください。また、停電やホテルの部屋の冷蔵庫がなくなった場合に備えて、別の計画を立ててください。

6.薬の情報を持参してください

処方箋のリフィルに付属するすべての情報をまとめて、旅行中に持っていくようにします。この情報により、アルコール、ミルク、またはその他の液体と一緒に薬を服用しても大丈夫かどうか、潜在的な薬や食べ物の相互作用、および考えられる副作用を知ることができます。どこにいてもインターネットを利用できるように頼らないでください。 Web検索が利用できない場合でも、薬に何が期待できるかを知る必要があります。さらに、これらの情報パケットは、航空会社や税関で携帯している処方箋に正当性をもたらします。広告

しばらく薬を服用していて慣れている場合でも、旅行前に情報を読み直すのに数分かかります。時間が経つにつれて、あなたが対処することに慣れていないという警告を忘れがちになり、休暇中の食事やライフスタイルは、自宅での通常のパターンとは大きく異なる可能性があります。たとえば、曇りの街に住んでいてビーチに旅行している場合、パッケージが過度の日光への露出に対して警告することを忘れがちです。

事前に薬の輸送と保管の計画を立てておけば、旅行中にそのようなことを心配する必要がなくなります。出発するときは、何もしていないことを忘れて、旅行を楽しんでください。整形式の計画が想定どおりに機能することを信頼してください。