チームリーダーとして成功するための10の基本スキル

チームリーダーとして成功するための10の基本スキル

優れたリーダーが生まれるか、作られるかについては、古くからの議論があります。今日はここでその議論を解決するつもりはありませんが、リーダーシップに生まれていなくても、チームリーダーとして成功するために採用できるスキルセットがいくつかあると言っても過言ではありません。

しかし、最初に、上司とリーダーの違いを理解する必要があります。

ボスとリーダーという用語は、しばしば同じ意味で使用され、正当な理由があります。それらの意味には多くの重複があります。しかし、微妙な違いがあります。最も重要なのは、ほとんどの人が上司になることができ、リーダーを見つけるのが難しいということです。上司とリーダーの違いのいくつか:

  • 上司が仕事を管理し、 リーダーは人々を鼓舞します –上司はチームにタスクと職務を割り当て、進捗状況を監視し、結果を評価します。リーダーは、組織の成功に積極的に貢献するよう人々を鼓舞します。
  • 上司は常に答えを持っています、 リーダーは常に解決策を探します –リーダーシップの一部は、従業員を指導することです。これは、チーム内の結束を構築するのに役立つだけでなく、従業員の問題解決スキルを構築し、彼らのキャリアを促進するための優れた方法です。
  • 上司は価値を監視し、 リーダーは価値を創造する –すべての従業員は組織に価値をもたらす必要があり、その価値はその従業員の会社へのコストよりも大きい必要があります。優れたリーダーは、従業員の独自のスキルセットを認識し、会社の利益のために才能を最大化する方法でそれらを活用することができます。

これらは上司とリーダーの違いのほんの一部ですが、あなたはその考えを理解します。次に、チームを成功させるために使用できるいくつかのテクニックに移ります。 盟主



1.自信(傲慢ではない)

人々は自然に自信のあるリーダーに惹かれます。[1]リーダーシップを成功させるには、明確な目標とそれらの目標を達成するための明確な方向性を持つことが重要です。

自信が傲慢にならないように注意してください。

飛行機のパイロットについて考えてみてください。ポイントAからポイントBに飛行するには、パイロットは選択したルート、飛行機を操縦する能力、および乗務員の能力に自信を持っている必要があります。そのパイロットは自信を刺激し、私たちのほとんどはその飛行を喜んで受けます。ただし、そのパイロットがどこに行くのか、そこにたどり着くまでのルートについて漠然とした考えだけで始めた場合、自信を刺激することはなく、その船長の先導に従うことをいとわない人はほとんどいません。

2.決断力

リーダーはタイムリーに決定を下します。そうしないと、状況が答えを決定するまで状況をエスカレートさせるだけです。これを実現させることは、リーダーシップの正反対であり、誰も従うように刺激することはありません。

役立つヒントを次に示します。 超高速の意思決定のための5つのヒント 広告

3.組織

優れたチームリーダーは、すべてのリソースが限られていることを認識しています。これには、時間だけでなく、金融資本、人的資本も含まれます。無駄を最小限に抑えるために、これらのそれぞれを整理して優先順位を付けることができることは、優れたリーダーにとって不可欠です。

ヒント:システムを採用して、生産性を可能な限り合理化します。電子メール、事務処理、時間管理、およびその他の可能なことすべてを処理するための標準システムを用意します。

組織がなければ、多くの重要な決定が状況に委ねられます。

4.交渉

職務内容に関係なく、ほとんどすべてのチームリーダーが優れた交渉者である必要があります。

チーム内で紛争や対立が必然的に発生します。それが起こったとき、あなたはこれらの論争を解決し、グループ内の調和を回復することをいとわない必要があります。

さまざまな性格を扱うとき、知覚は現実であることを常に心に留めておいてください。片方は合理的でもう片方はばかげているように見えるかもしれませんが、その人の目を通して、彼らは正当な不満を持っています。差し迫った問題を解決するだけでなく、恨みがチームのより大きな目標に影響を与えないようにする必要があります。

双方の意見を聞いて認めることから始めましょう。戦いの半分は、あなたが彼らの話を聞いたことを人々に安心させ、彼らの問題を真剣に受け止めています。次に、許容できる2〜3の妥協したソリューションを考え出すようにしてください。

最後に、両方が一緒に暮らせるシナリオを選択するように依頼します。どちらも希望するものを手に入れることはできませんが、ソリューションに投資していると感じた場合は、それに従う可能性がはるかに高くなります。

これらの戦術はあなたにとっておそらく役に立つでしょう:より良く交渉し、プッシュオーバーにならないための12の戦術広告

5.委任

知っている 委任する方法 優れたチームリーダーの選択肢ではありません。チームメンバーを細かく管理することなく、チームメンバーにタスクを委任できる必要があります。

効果的な委任者になるには、まずプロジェクトの範囲と時間枠を明確に理解する必要があります。また、各チームメンバーのスキルセットをよく理解する必要があります。

これらのことが明確になったら、目標を時間枠内で達成する必要のある個々のタスクに分割できます。次に、個々のスキルセットに従って、各タスクをチームメンバーに割り当てることができます。

その後、あなたの仕事は、発生する質問に答え、進捗状況を監視し、すべてを結び付けて完成品を作ることの1つになります。適切な委任は、真の管理形態です。

6.優先順位を付ける

優れた優先順位付けを行うことは過小評価されているスキルですが、チームの時間、労力、およびリソースを最適化するために不可欠です。

チームのリーダーシップの役割では、プロジェクトの成功にとって最も重要で時間に敏感なタスクに優先順位を付けることができる必要があります。中小企業の所有者の観点から、あなたはあなたが個人的に何をするかを優先する必要があります。

私の事業では、会社の売上と収入を増やす活動に全力を注いでいます。私はビジネスのマーケティング、ネットワーキング、プロモーションに時間を費やしています。これらの活動から私を遠ざけるものはすべて、従業員が行う必要があります。そうしないと、専門家に契約(または委任)されます。

より優先順位を付けたい場合は、このガイドをご覧ください。 10分で正しい優先順位を付け、10倍速く作業する方法

7.動機

優れたチームリーダーになるということは、グループとグループ内の個人の両方をやる気にさせる方法を知ることを意味します。外のような技術を使う チームビルディング演習 グループの結束力とグループの問題解決スキルを高めることができます。これらは、グループ環境で作業するときに必要なものです。広告

優れたチームビルディング活動を実施することは不可欠ですが、それだけでは十分ではありません。チーム内の個人をやる気にさせる方法を理解する必要があります。誰もが物事を行うための独自の動機を持っています。

お金に動機付けられている人もいますが、最後にボーナスはありますか?そうでない場合は、次の年次レビューでパフォーマンスが考慮されることを理解していることを確認してください。

一部の人々(特に親)は、より柔軟なスケジュールを持つことによって動機付けられる可能性があります。月曜日から木曜日の1時間早く来た場合、金曜日の午後に休暇を提供できますか? (または1時間遅れて滞在)?

何人かの人々は結果の恐れによって動機づけられます。そして、絶えず人々の仕事を脅かしていることは短期的にはうまくいくかもしれませんが、それは長期的に人々をやる気にさせる方法ではありません。しかし、それは締め切りに間に合わなかったり、パフォーマンスが低下したりしても影響がないという意味ではありません。

チームリーダーとして、あなたは両方を持っています アメとムチ あなたの処分で。

8.落ち着きを保つ

ある期間にわたってグループの調整を必要とする人間の努力は、問題、問題、問題にぶつかることになります。予見できるものもあれば、そうでないものもあります。これらの問題が発生した場合、優れたチームリーダーは、問題に固執するのではなく、解決策に集中し続けます。この属性はほとんどの人に自然に伝わるものではありませんが、学ぶことができ、学ぶべきものです。

私はパイロットになったときにこのスキルを個人的に学びました。まず第一に、パイロットが言うように、飛行機の飛行に問題が発生した場合、あなたができる最悪のことはパニックです。苦しんでいる精神状態のパニックでは、誰も良い決断をしません。

問題を悪化させる可能性のあることを行う前に、問題に関するすべての情報を冷静に収集できることが重要です。問題の性質と原因が明確な場合にのみ、適切に対処できます。ほとんどの飛行機墜落事故はパイロットエラーが原因であるという理由があります。パイロットエラーでプロジェクトがクラッシュしないようにしてください。

9.創造性を奨励する

これは持っていることと多くの関係があります 優れたリスニングスキル 。優れたリーダーは、少なくともチームを指揮するのと同じくらい、チームの話を聞くでしょう。広告

チームメンバーが抱えている問題や問題について話し合うことができる定期的な会議を開くことは、チームの結束を構築するだけでなく、問題を解決するためのアイデアのブレインストーミングを可能にする優れた方法です。

チームリーダーとして、次のようなブレーンストーミングセッションの基本ルールを設定する必要があります。

  1. 愚かな考えはありません –ブレーンストーミングセッションは、その性質上、創造的な取り組みであり、判断力のある雰囲気よりも速く創造性を発揮するものはありません。
  2. 他の人の考えを批判しないでください –ブレーンストーミングセッションは、アイデアが良いかどうかを判断するためのフォーラムではありません。実際、あなたは人々にワイルドで奇妙な、あるいはありそうもないコンセプトを思いつくように勧めるべきです。結局のところ、それが業界を変えるブレークスルーが生まれる方法です。
  3. 他の人のアイデアに基づいて構築する– これは、野生のアイデアを奨励することが報われるところです。ある人のアイデアが他の人の別の(またはさらに良い)アイデアを引き起こすことは非常に一般的です。事実上、あなたのチームはお互いの頭脳の力を利用して構築しています。そして、これが私たちが求めているものです。革命的な変化につながる可能性があるのは、この種の独創的な考え方です。

10.誠実さ

誠実さがなければ、誰も効果的なリーダーになることはできません。軍隊が彼らを支持しないリーダーや他人の過ちを非難するリーダーへの信頼を失うのにそれほど時間はかかりません。これらのタイプのリーダーはすぐに暴君に進化します。彼らはもはやグループからチームプレーヤーとは見なされず、信頼はすぐに解消されます。これが起こると、彼らはもはや人々に彼らに従うように促す能力を持たなくなり、残された唯一のツールは恐れと脅迫によって導くことです。

明らかに、これは短期的には機能しますが、長期的な戦略としては機能しません。

これを回避するには、スタッフの話を聞き、(必要に応じて)アドバイスを受けることで、組織への信頼を高めることができます。間違いを犯したときは、率直に言って間違いを認めてください。そして最後に、あなたが正しいと思うなら、上層部の従業員のために戦うことを恐れないでください。必ずしも勝つ必要はありませんが、部隊があなたが試みたことを確認することが重要です。

これらの戦術を採用すれば、脅迫や恐れに頼ることなく、人々にあなたの先導に従うように促すことができます。

最終的な考え

私たちは、チームリーダーとして優れている、または成功している理由について多くのことを話してきました。しかし、リーダーがフォロワーを威嚇するのではなく、刺激することが重要なのはなぜですか?結局のところ、恐怖と威嚇を戦術として使用して良い結果を得たリーダーは誰もが知っているので、彼らを刺激する利点は何ですか?答えは3つあると思います。

組織にとっては良いことです。 最終結果の品質と会社の金銭的コストの両方の観点から。組織とプロジェクトの両方に投資していると感じる従業員は、そうでない従業員よりもはるかに生産性が高くなることは十分に確立されています。また、従業員は、満足していて職を失うことを恐れない場合、会社にとどまる可能性がはるかに高くなります。優秀な従業員を維持することは、主要なコスト削減戦術になる可能性があります。

従業員にとっては良いことです。 従業員にとっての仕事の満足度の価値を過小評価しないでください。仕事を楽しんだり、同僚や上司が士気に大きく貢献したりします。多くの場合、従業員は金銭的な問題よりも仕事の満足度を重視し、そのために会社にとどまります。広告

それはあなたにとってより良いです。 前にも言いましたが、恐れと脅迫は短期的には結果をもたらします。ただし、長期的には、従業員の満足度と定着率が低下するため、結果は悪化します。チームリーダーとして、あなたはあなたのチームが出す製品に対して最終的に責任があります。あなたの従業員があなたに最善の努力をしていることを保証することはあなたを助けるだけです。

効果的なリーダーシップに関するその他のヒント

注目の写真クレジット: unsplash.com経由のLouisHansel

参照

[1] ^ フォーブス: 自信が常にリーダーの親友である理由