あなたがインタビューで話す前に素晴らしい印象を与えるために服を着る方法

あなたがインタビューで話す前に素晴らしい印象を与えるために服を着る方法

面接は最高の時期に気が遠くなる可能性があるため、社内で自信を持てるようにすることで、私たちが輝いて、潜在的な雇用主に最高の印象を与えることができます。

私たちがどのように服を着るかは、自信をつけるための基本的な方法です。私たちがその部分を見ることがわかっていれば、その部分も感じるでしょう。十分な準備は別として、私たちが身に着けているものは、私たちがビジネスを意味していることを示し、その夢の仕事を獲得するための最良の機会を自分自身に与えるための鍵です。

あなたは素晴らしい第一印象を与えるのにたった10秒しかありません–あなたが着るものが最も重要です

特に就職の面接に関しては、第一印象は大きな影響を与える可能性があります。オレゴン州立大学の心理学准教授、フランク・ベルニエリが行った研究によると、[1] 面接官に会う最初の10秒間は非常に重要です。なぜなら、この短い時間で、面接官はあなたがその仕事に適しているかどうかをすでに決定しているからです。 、あなたが自分自身をどのように提示するかに応じて、あなたが着るものはあなたのチャンスに大きな最初の影響を与えます。

心理学的に言えば、ある人が別の人に望ましい特性を見た場合、その人はさらに望ましい特性を持っていると自動的に想定するという現象に帰着します。言い換えれば、適切な服装を身につけると、ハロー効果が生まれ、面接官は面接の間、あなたを前向きに見続けることができます。あなたが犯した小さな間違いを却下することさえできます。



仕事のチャンスを失わないようにするために何を着るか

これは、その第一印象をプロフェッショナルでポジティブなものにするために、男性と女性の両方が着ることができるさまざまな服装のガイドです。

男性のインタビュードレスコード

スーツ

男性にとって最も一般的な、頼りになる服は常にスーツになります。仕立ての良いスーツに投資することは、毎回素晴らしい印象を与えることにつながります。しっかりとした外観にするために、ネイビー、ブラック、ダークグレーなどの暗い色を試してみてください。あなたは努力と自信のさらに良い印象を与えるために下にフィットしたチョッキを検討するかもしれません。広告

シャツ

シャツに関して言えば、無地の色を着ることは常に安全な賭けです–白、灰色、または青。会社についてもう少し知っている場合、または自信がある場合は、小さなチェックや微妙なピンストライプなどのパターンの少ないシャツを選ぶと、少し個性とスタイルが追加されます。大胆すぎる色や風変わりなパターンを使わないようにしてください。最高の印象を与えるには、ニュートラルを維持してください。

ブレザーとスマートパンツ

スーツをお持ちでない場合や、スーツを着るのが苦手な場合は、スマートでフィットしたブレザーとスマートなズボンを組み合わせると効果的です。繰り返しになりますが、色をトーンダウンしたままにして、色やパターンに関して上下が衝突しないようにしてください。彼らの重要なアイデアは賢く、よく合っています。

ネクタイ

広告

ネクタイに関しては、赤、紫、緑などの大胆な色を使用してもかまいませんが、パターンを微妙に保ち、選択したシャツに合うようにしてください。クラシックな黒またはネイビーのネクタイが最適です。面接で選んだネクタイについて心配したくない場合は、安全な選択を心がけてください。

面接に行くときは、スマートで洗練された靴が必須です。よくフィットし、快適な保守的な黒または茶色の革の靴の良いペアに投資してください。

女性のためのインタビュードレスコード

トップス

面接の服装に関しては、女性は男性よりもはるかに多様性があり、それがさらに困難になる可能性があります。全体の鍵は保守的ですが、フェミニンなタッチを加えることを恐れないでください。トップスは他の服装に合わせて調整できますが、一般的に、それがスマートで、無地で、覆い隠されている場合は、問題ありません。花柄などの微妙なパターンを身に付けることを恐れないでください。ただし、面接環境に沿っていることを確認してください。

ブレザー/ジャケット 広告

トップスとブレザーやジャケットを組み合わせると、すぐにプロ並みになります。繰り返しになりますが、単色を選択してください。黒やダークグレーなどの暗い色が最適ですが、適切に調整されている限り、微妙な色を取り除くことができます。

レディースパンツスーツ

良いズボンのスーツに投資することは、衣装の組み合わせについて考えることに多くの時間を費やす必要なしに、素晴らしいプロの外観を持つことを意味します。ダークなパンツスーツとクラシックな白いシャツを組み合わせて、時代を超えた外観を手に入れましょう。ズボンのスーツは男性的に見える必要はありません。女性らしいカットのスーツを探してください。ズボンは、目的のスタイルに応じて、スリムフィットにすることも、ルーズにしてブーツカットすることもできます。

スカート

ズボンがお好みでない場合は、スカートが最適です。クラシックなペンシルスカートは、ほとんどの体型でお世辞であり、プロ意識の空気を放ちます。もちろん、それが控えめな長さ(膝より高くない)であり、座って快適であることを確認してください。これをテーラードシャツまたはベルト付きのスマートトップと組み合わせて、素晴らしいインタビューの外観を作成します。広告

ドレス

ドレスを選ぶのは簡単に思えるかもしれませんが、適切な長さ、フィット感、色を見つけるのは難しい場合があります。快適に着用できることを確認する必要があります。そうしないと、非常に重要な面接に集中できなくなります。

繰り返しになりますが、暗くて無地の色に固執し、短すぎたりローカットになったりしないようにしてください。正しく理解すれば、究極の洗練された外観を手に入れることができます。ブレザーやスマートシューズと組み合わせて、衣装を完成させましょう。

スマートで清潔な靴を履くことは、どんなインタビューにも欠かせません。女性はかかとまたはフラットのどちらかを選択できますが、どちらでもかまいません。着ているものに慣れていることを確認してください。言い換えれば、面接の日を数か月ぶりにかかとを履くように選択しないでください。あなたは自信を持って歩けるようになり、ぎこちなく見えないようにしたいのです。ダークヒールやフラットの素敵なペアは、ドレスやズボンのスーツなど、どんな服装の組み合わせにもよく合います。

参照

[1] ^ リサーチゲート: 就職の面接における第一印象の重要性